忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2018/01/22 EDIT CATEGORY: TRACKBACK URL 

notable⑤

年の瀬に一瞬でお店がなくなってしまった。

新年にお客さんのご厚意でご両親が経営されていたお店をお正月の間使わせてもらうことができ、火事があってから会えていなかった方逹に新年の挨拶ができた事はとても嬉しく、お店を使わせていただいた事はとても感謝している。

そして僕達は次にやる場所は絶対に木造じゃない場所を合言葉に色々な場所を探した。
そして最終2つにまで場所を絞った。
1つは路面の場所、もう1つは2階の場所。

入り口はとても小さくて分かりにくく、細い階段を上がらないと入れない少し怪しい場所。
色々迷って決めたのは2階の今の場所だった。
多くの方から路面の方が良いのではないかと言われたけれど、僕らはこの場所に決めた。
今でもそれが正解かどうかは解らないけれど・・・

知り合いの方にお願いして自分逹もできる部分は手伝ってお店を作った。
天井に断熱材がある事など知らなかったので全部取ってしまった。
今店内が夏は暑くて冬は寒い店になっているのは多分そのせいだと思う。


完璧ではないけれども、とても愛着のある空間に仕上がった。


tennai14-thumbnail2.jpg



この空間で当時は思いもしていなかった沢山の出会いがあった。




つづく


 
PR

2011/02/17 EDIT CATEGORY:notableの事 TRACKBACK URL 

notable④

2002年12月14日。もうすぐ2年目になろうとしていたある日。

その日も普通にみんなと話をしていたと思う。
多分3階では高校生の人逹のライブが開催されていた。
そんな日の夕方頃に誰かが
「火事やー」
って言っていたのでどこが燃えてんねんやろ~
と思って外に出たら燃えているのは自分逹のビルだった。

でも全くあせりとかはなく、すぐ消えるやろうと思っていたので
大見と上原に電話して
「なんか火事みたいやから適当に店戻って来て。」
と話していたような・・・

そしてとりあえずみんなが来る前に2階の在庫を外に出そうとして二階に上がった時、その時にはじめてこの火事やばいんじゃないか!?と思った。
2階の在庫置き場は辺り一面炎につつまれていて、ドラマのシーンをみているようだった。
すぐに2階はあきらめ店の商品だけでも外に出さないとと思い下に降りた。
大見や上原も来ていて、お客さんにも手伝ってもらい服や什器を外に出していた。
その時にお客さんのたかおくんと上原が交わした会話は今でも笑い話としてたまにしている。


全然と思っていた火事は、国道一号線まで封鎖され、隣のビルも3件ほど巻き込んでしまう程の大きな火事になっていた。

夜になってやっと火が消えた後、外からぼぉ~っと真っ黒のビルをビルを眺めていてもまだ全然実感がなくて何か夢をみている様な一日だった・・・

↓当時の写真
1040575053.jpg

つづく

 

2011/02/16 EDIT CATEGORY:notableの事 TRACKBACK URL 

notable③

3階建てのビルの中に色んなお店がある。
そういう場所でお店をやっていた。
一つの場所にたくさんのお店があると知らない間にお店同士が仲良くなったりする。
そこで知り合ったのがK・B・SやHIOCだった。
二人とも個性的ではじめてあった時の印象は

K・B・S=アフロで怖い

HIOC=派手な人
(二人とも今も全然変わらずそのままだと思ので確かめに行ってほしい。)
と僕らは言っていたと思う。

誰でもそうだと思うがいつからか?何がきっかけか?覚えていないが
いつの間にか仲良くなっていた。
みんなで外のベンチで色々話をしたり、聞いたり、
お店を初めて一年少し毎日充実した楽しい日々を過ごしていた。


あの日までは・・・



つづく

2011/02/13 EDIT CATEGORY:notableの事 TRACKBACK URL 

notable②



場所を決めたのはよかったけれど
3人共どうやってはじめていいのかわからなかった僕らはその時唯一相談できるFILTERというお店に相談してみた・・・

周りのみんなが就職活動の真っ只中僕らはその人からもらったアドバイスをずうーっと考えていた。半年くらいかけてやっと出来上がったのがnotableのコンセプトだった。

1つはHPに掲載されている
So many persons,so many mind.

そして
Flexibility&Personality.

Conviction.

その人からもらったアドバイスはお店のコンセプトを考えろだった。
僕らはもっと色々詳しい事を教えてもらえると思っていたので聞いた時はあっけにとられていた。
でも今思うとこのコンセプトがあったから移り変わりの激しいアパレルという業界の中で細々ながらやってこれているのだと思える。

このコンセプトのもと友達や知り合いゼロの何も分からない四日市という街で2001年 3月1日にnotableはオープンしました。

こんな店やった↓


notable_2.jpg



notable_3.jpg





09su04_03_1.jpg



つづく













 

2011/02/11 EDIT CATEGORY:notableの事 TRACKBACK URL 

notable①


服屋をやろうと決めたのは。たしか大学3回生のちょうど今くらいの時期

だったと思う。

同じ大学の大見と服飾門学校を卒業していた上原(ノタねこ)と一緒に。



なぜ四日市??みたいによく聞かれるのだけれど、思い返してみると

たまたま大見がラジオを聴いていたらそのラジオ番組で三重の四日市

商店街活性化の為に若者に物件を安く貸しだそうという企画があると

言っていたのを聞いて「それ、ええやん。そこにしよ。」って感じで決めた

と思う・・・



そうやって三重県四日市市という場所。

ここで僕らは服屋をやることにした。


つづく



 

2011/02/10 EDIT CATEGORY:notableの事 TRACKBACK URL 

カレンダー
 
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
 
 
ブログ内検索
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
アーカイブ
 
 
 
最新記事
 
(11/21)
(11/08)
(11/07)
(10/28)
(10/11)
 
 
プロフィール
 
HN:
notable
HP:
性別:
男性
 
 
リンク
 
 
 
バーコード
 
 
 
RSS